for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独内閣が新たな補正予算承認、今年の新規借り入れ過去最大に

ドイツのメルケル政権は17日、新型コロナウイルス危機に対応する景気刺激策を盛り込んだ新たな補正予算を承認した。代表撮影(2019年 ロイター)

[ベルリン 17日 ロイター] - ドイツのメルケル政権は17日、新型コロナウイルス危機に対応する景気刺激策を盛り込んだ新たな補正予算を承認した。これを受け、今年の新規借り入れは過去最大の2185億ユーロ(2453億5000万ドル)に拡大する。

ショルツ財務相は過去3カ月で2回目となる補正予算編成について、「国民総生産(GNP)を拡大する」と強調。ドイツが「こうした強力な財政措置」を打つ余裕があるのは、好況時に債務を減らし、堅実な財政状況にあるからだと述べた。

ドイツは今年、2185億ユーロの国債を追加で売却する計画。これはGDPの6.5%に当たる。

また当局者によると、債務の対GDP比は2019年の60%弱から今年は約77%に急増するとみられる。今年の財政収支は対GDP比で7.25%の赤字となる見通し。前年は1.5%の黒字だった。

ドイツは総額1300億ユーロ超の財政刺激策を導入する計画で、大部分は年後半に実施される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up