for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独・ベルギーなど、コロナ制限近く導入か 伊では反発の抗議デモ

[ローマ/ベルリン 27日 ロイター] - 欧州で新型コロナウイルス感染が急速に拡大する中、各国政府は制限措置の導入に動いている。

ロイターの試算によると、欧州の新型コロナ感染は少なくとも854万人、死者は25万1000人。26日に確認された新規感染者は約23万1000人と、これまでの最多を記録した。

ベルギーでは、20日に新規感染者数が過去最多1万8000人超に達し、感染第1波で記録した感染者数の約10倍増となった。政府高官によると、週末までに全土にロックダウン(都市封鎖)措置を再導入するかを決定するという。

ロシア政府は一部の公共の場でのマスク着用を義務化し、レストランやバーの夜間営業制限を検討するよう地方政府当局に求めた。同国の感染者数は累計155万人と、世界で4番目に多い。

チェコのバビシュ首相は、非常事態宣言を12月3日まで延長する措置を承認するよう議会に求める意向を示した。

ドイツのアルトマイヤー経済相は、今週末までに同国の1日当たりの感染者数が2万人に達する公算が大きいと警鐘を鳴らした。

同相は「国内で新規感染者が先週から70─75%増加している」とし、「われわれは急激な感染者の増加に対応している」と述べた。

ショルツ財務相は、感染拡大抑制に向けて「的を絞った、一時的かつ集中した」措置を、可能な限り全土に導入する必要があるとの認識を示した。

メルケル首相と16州の首相は28日、追加制限措置導入を巡り協議する。独紙ビルトによると、メルケル首相は、レストランやバーの営業停止や集会の制限などの「ロックダウン・ライト」の施行を計画しているという。

イタリアの複数都市では、レストランやバーの営業時間短縮などの新たな制限措置導入に反発した数百人の抗議活動が暴力に発展。ミラノではデモ隊と警察が衝突したほか、トリノでは高級品店のガラス窓が割られる事態となった。

また、英研究者の調査で、同国の人口に占めるコロナウイルス抗体保有者の比率が夏場に低下したことが分かった。感染後の抵抗力が長続きせず、社会全体の免疫が弱まっている可能性を示唆する結果となった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up