for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノルウェー、アストラゼネカ製ワクチン21万回分を隣国に貸与

 ノルウェーは、英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン(写真)21万6000回分を近隣のスウェーデンとアイスランドに貸し出す方針だ。2月撮影(2021年 ロイター/TT News Agency)

[オスロ 22日 ロイター] - ノルウェーは、英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン21万6000回分を近隣のスウェーデンとアイスランドに貸し出す方針だ。

ノルウェーは、若年層に血栓や出血などの症状が報告され、その一部に死亡例もあったことを受けて、3月11日にアストラゼネカのワクチンの接種を中断した。スウェーデンとアイスランドは、ノルウェーが接種を中断している間、貸与を受けることができ、ワクチン接種を進めることが可能になる。

ノルウェーは、アストラゼネカのワクチン接種を再開するかどうかの判断を2度にわたって延期した。現在は5月10日に予定されている諮問委員会による報告待ちの状況にある。

もしアストラゼネカのワクチンを使用しないとの判断が下されれば、ノルウェーが注文したワクチンは欧州連合(EU)と協力して他国に寄付できる。

スウェーデンでは他の欧州諸国と同様、特定の年齢層に対してアストラゼネカ製ワクチンの使用を継続している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up