for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナ感染急増の台湾、19日中に40万回分のワクチン受け取りへ

[台北 19日 ロイター] - 台湾当局は、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」から英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを19日中に追加で40万回分受け取ると明らかにした。域内で感染者が急増する中、ワクチンの供給が細っていた。

これまで新型コロナ感染が比較的抑えられていた台湾では、この1週間程度で約1000人の新規感染者が報告され、台北では新しい制限措置が導入された。

これまでに受け取っているワクチンは30万回分強にすぎず、全てアストラゼネカ製。少なくともこの3分の2が分配されている。

当局はこれまで、COVAX経由で100万回分以上のアストラゼネカ製ワクチンを受け取るとの見通しを示している。

また、これまでに発注した2000万回分は大部分がアストラゼネカ製だが、米モデルナ製も含まれている。ただ、世界的なワクチン不足で供給が制約を受けている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up