August 3, 2018 / 3:01 AM / 17 days ago

欧州で40度超え、ドイツでは河川の水位低下で投棄兵器が露出

[ローマ 2日 ロイター] - 欧州で熱波により気温が40度を超える事態となり、地中海沿岸諸国では2日、高度の警報が発令された。ドイツのエルベ川では、水位低下で第二次大戦中の兵器が露出するなどしている。

 8月2日、欧州で熱波により気温が40度を超える事態となり、地中海沿岸諸国では高度の警報が発令された。ドイツのエルベ川では、水位低下で第二次大戦中の兵器が露出するなどしている。写真はマドリードで撮影(2018年 ロイター/Susana Vera)

イタリアは、中部と北部について3段階のうち最高レベルの「赤」警報を発令。ローマ、フィレンツェ、ベネチアなどの観光都市でも広範囲な健康リスクが発生する可能性があるとしている。ただ週末は、強い雷雨のため国内の大半で熱波が一端収まる予報となっている。

ポルトガルは、今後数日は気温が記録を更新する可能性があり、森林火災のリスクが上昇する恐れがあると警告した。

ドイツの東部ザクセン・アンハルト州では、熱波でエルベ川の水位が大きく低下し、堤防の泥から第二次大戦中に投棄された手榴弾や地雷などの兵器が露出、警察が触らないよう呼びかけている。

ここ数週間に警察が発見した第二次大戦中の兵器は24点に達し、昨年通年の12点をはるかに上回っている。特殊班が超過勤務で安全対応にあたり、現場で爆弾の信管を抜くなどしている。

 8月2日、欧州で熱波により気温が40度を超える事態となり、地中海沿岸諸国では高度の警報が発令された。ドイツのエルベ川では、水位低下で第二次大戦中の兵器が露出するなどしている。写真はスペイン・ベニドルムで撮影(2018年 ロイター/Heino Kalis)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below