December 24, 2019 / 5:01 PM / 25 days ago

米アクティビストの利益率、19年は過去6年間で最高に

[ボストン 24日 ロイター] - 事業再編や取締役の刷新、企業売却などを求めて米企業を揺さぶるアクティビスト(物言う株主)の今年の利益率が2桁に達し、過去6年間で最高となった。

ヘッジファンドリサーチによると、アクティビストの11月末までの利益率は平均で13.09%。ウィリアム・アックマン氏、バリー・ローゼンスタイン氏、グレン・ウェリング氏などが率いるヘッジファンドの利益率が2桁台後半となったことで、他のヘッジファンド全体の利益率(平均8.5%)を上回った。

2018年のアクティビストの利益率は株式市場の低迷により平均で10.4%減だった。

アクティビスト・インサイトのデータによると、アクティビストが標的にした米企業数は12月中旬までで464社と昨年とほぼ同数。

投資家などによると、中小企業には非効率な部分が多くあり、アクティビストは来年さらに良好なパフォーマンスを上げると期待されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below