December 23, 2019 / 5:03 AM / a month ago

物言う投資家マルカート・キャピタルが閉鎖へ、成績不振で資産激減

[ボストン 22日 ロイター] - 物言う投資家として知られるヘッジファンドのマルカート・キャピタル・マネジメントが、運用成績の不振が2年にわたって続き資産が激減したため、閉鎖する。複数の関係筋が22日、明らかにした。

FILE PHOTO: Blackstone Group CEO and Co-Founder Steve Schwarzman speaks at a Reuters Newsmaker event in New York, U.S., November 6, 2019. REUTERS/Gary He/File Photo

匿名の関係筋によると、マルカートの創業者でポートフォリオマネジャーのリチャード・マグワイア氏は前週後半に投資家に自身の決断を伝え始めた。運用資産の大半は現在キャッシュになっており、迅速に返還する見通しという。

同氏は過去1カ月間、償還要請に応じるため運用資産の売却を進めていた。

マルカートの広報担当者は22日、コメントを差し控えた。

マルカートは、米プライベートエクイティ(PE)大手ブラックストーン・グループ(BX.N)や著名投資家のウィリアム・アックマン氏の支援を受けて2010年に創業した。

その後、世界最大の信託銀行BNYメロン(BK.N)に改革を求めて最高経営責任者(CEO)の更迭を要求したり、米靴メーカーデッカーズ・アウトドア(DECK.N)に事業戦略の見直しを求めるなど、物言う投資家として影響力を発揮していたが、このほど9年の歴史に幕を降ろすことになった。

マルカートは最盛期には30億ドル前後の資産を運用していたが、現在では数億ドルに激減しているという。

ある投資家によると、昨年リターンが急激に悪化し、2018年全体では大幅な損失を出した。今年は年初の運用は順調だったものの、米中貿易戦争などの打撃を受けて2年連続で赤字となる。

マグワイア氏は自身の資産運用は継続し、将来また他の投資家と組む可能性もあると関係筋は話している。

ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、2019年第1・四半期━第3・四半期に540のファンドが閉鎖した。一方、同期間に創業したファンドは391にとどまっている。2018年には合計659のファンドが閉鎖した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below