for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2020年のヘッジファンド、成績上位20が全体利益の約半分占める

[ボストン 25日 ロイター] - LCHインベストメンツの報告書によると、2020年のヘッジファンドの利益は、成績が上位20のファンドが全体の利益の約半分を占め、過去10年で最高を記録した。

ヘッジファンド全体の2020年の利益は1270億ドルと、前年の1780億ドルから減少した。一方、成績上位20のファンドの利益は635億ドルで、前年の593億ドルから増加した。

ヘッジファンド・リサーチのデータによると、2020年のヘッジファンドの平均リターンは11.6%で、S&P500種株価指数の16%を下回った。

LCHのリック・ソーファー会長は「上位20のヘッジファンドが稼いだ635億ドルの利益は、ここ10年で最高だ。ある意味2020年はヘッジファンドの年だったと言える」とコメントした。

成績が良かったファンドは、チェース・コールマン氏率いるタイガー・グローバルやイスラエル・イングランダー氏のミレニアムで、104億ドル、102億ドル、それぞれ利益を上げた。そのほかでは、スティーブ・マンデル氏のローン・パイン(91億ドル)、アンドレアス・ハルボーセン氏のバイキング・グローバル・インベスターズ(70億ドル)、ケン・グリフィン氏のシタデル(62億ドル)など。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up