May 30, 2016 / 3:07 AM / 3 years ago

訂正:窒息救命の「ハイムリック法」考案者、96歳で自ら女性救助

5月27日、窒息救命法「ハイムリック法」を考案したヘンリー・ハイムリック医師(左)が入居している米シンシナティの高齢者施設でハンバーガーをのどに詰まらせた女性入居者(右)を自ら考案した手法で救助していたことが分かった。提供写真(2016年 ロイター)

[27日 ロイター] - 気道に詰まった異物を取り除く救命法「ハイムリック法」を考案したヘンリー・ハイムリック医師(96)が23日、入居している米シンシナティの高齢者施設でハンバーガーをのどに詰まらせた87歳の女性入居者を、自ら考案した手法で救助していたことが分かった。

ハイムリック法は全米の大半の飲食店で実施方法のポスター掲示が義務付けられており、同氏自身も何度もテレビ出演して手法を実演している。

この日は、施設の食堂で隣に座った女性が窒息状態になったのに気付き、背後から女性を抱きかかえ、胸郭下の腹部を圧迫する方法でハンバーガーを除去。公開されたビデオのインタビューで、「3回の突き上げで肉片が出てきて、女性は呼吸を再開し、顔色が戻った」と語った。

*英文の訂正により、30日配信の記事で、ハイムリック医師が緊急時に「ハイムリック法」を行ったのは初めてという記述を削除しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below