June 8, 2018 / 2:04 AM / 13 days ago

日立は民間企業、経済合理性を最優先して交渉=英原発建設で東原社長

[東京 8日 ロイター] - 日立製作所(6501.T)の東原敏昭社長兼最高経営責任者(CEO)は8日に開催した投資家向け説明会で、英国で検討している原発建設プロジェクトについて、経済合理性を重視する姿勢をあらためて示した。

 6月8日、日立製作所の東原敏昭社長兼最高経営責任者(CEO)は開催した投資家向け説明会で、英国で検討している原発建設プロジェクトについて、経済合理性を重視する姿勢をあらためて示した。写真は日立製作所のロゴ。2016年10月に千葉で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

東原社長は英政府が交渉入りを表明したことについて「われわれの協議の内容を確認するものとして歓迎したい」とした上で「これから本格交渉になるが、日立は民間企業なので、経済合理性を最優先して交渉に臨みたい」と語った。

交渉では、1)オフバランス化を前提とした財務モデル、2)民間企業としての適切なリターンの確保、3)民間企業として許容できる出資範囲──の3点を重視して最終判断する。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below