September 10, 2018 / 4:31 AM / 2 months ago

日立、中国テンセントと戦略的提携で合意

 9月10日、日立製作所は、中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)とモノのインターネット(IoT)分野における戦略的提携で合意した、と発表した。写真は日立のロゴ。千葉で昨年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 日立製作所(6501.T)は10日、中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)(0700.HK)とIoT(様々なモノがインターネットに接続される)分野における戦略的提携で合意したと発表した。

今回の合意に基づき、日立グループとテンセントは長期的な提携関係の下で、スマートシティの構築や製造・物流分野におけるスマート化など幅広い事業分野でのIoT化に向かって、両者が有する技術・資源を活用し、新市場の開拓に注力していくとしている。

具体的には、中国政府が推進する「一帯一路構想」を背景に、「健康中国」、「美麗中国」、「ネットワーク強国」などの活動に参加していく。

現在、昇降機や空調設備、生体認証技術などでテンセントのIoTシステム導入を検討しているが、今後は健康養老やスマート製造、スマート物流などでも、技術交流・協力を進めていく。

中国における日立グループの売上収益は、2017年度で1兆0410億円とグループ全体の11%を占めている。

今回の戦略的提携での合意を踏まえ、18年度の売上収益を1兆1000億円に拡大させるとしている。

*内容を追加しました。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below