for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日立、通期見通し上方修正 純利益は過去最高6300億円に

 2月1日 日立製作所は1日、2023年3月期通期(国際会計基準)の純利益見通しを過去最高の6300億円(前年比8.0%増)に上方修正した。写真は日立のロゴ。2020年9月、スイス・チューリヒで撮影(2023年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[東京 1日 ロイター] - 日立製作所は1日、2023年3月期通期(国際会計基準)の純利益見通しを過去最高の6300億円(前年比8.0%増)に上方修正した。従来は6000億円を見込んでいた。

デジタルシステム&サービス、グリーンエナジー&モビリティなど主力3セクターが増収増益となるほか、自動車部品などを手掛ける日立Astemoも自動車メーカーの生産回復に合わせて増収増益を見込む。事業再編等利益として日立建機、日立金属などの株式売却益も2790億円計上する。

通期の売上高は10兆5500億円(同2.8%増)、調整後営業利益は7530億円(同2.0%増)を見込む。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up