June 4, 2018 / 11:55 PM / 20 days ago

英政府、日立子会社の英原発建設計画に直接投資を検討=産業戦略相

[ロンドン/東京 4日 ロイター] - 英国のビジネス・エネルギー・産業戦略相グレッグ・クラーク氏は4日、日立製作所(6501.T)の子会社による原子力発電所建設計画に対し、英政府が直接投資を検討していることを明らかにした。

6月4日、英国のビジネス・エネルギー・産業戦略相グレッグ・クラーク氏は、日立製作所の子会社による原子力発電所建設計画に対し、英政府が直接投資を検討していることを明らかにした。 写真は千葉市で2017年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

日立の原子力発電事業子会社、ホライズン・ニュークリア・パワーは英国2カ所で少なくとも5.4ギガワットの発電能力を持つ原子力発電所を建設する計画。

クラーク産業戦略相は議会で「英政府は日立、および日本政府関連機関などとともに、直接投資を実施することを検討する」とし、この件に関して日立と協議を開始すると述べた。協議の主眼は消費者が支払うコストを引き下げることに置かれるとしている。

英政府の表明に対して日立は「これまでの両者間における協議の成果などを確認するものとして歓迎する。引き続き、民間事業者として、経済合理性の観点からプロジェクトの精査を図りつつ今後の協議に臨み、最終的な判断を行っていく」との声明を発表した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below