Reuters logo
オーストリア政府の強制購入は違憲、ヒトラー生家の元家主が提訴
2017年2月1日 / 03:47 / 10ヶ月後

オーストリア政府の強制購入は違憲、ヒトラー生家の元家主が提訴

[ウィーン 31日 ロイター] - オーストリアで、ナチス・ドイツを率いた独裁者アドルフ・ヒトラーの生家を政府が強制的に購入する法律が先月成立したが、元家主がこの法律は憲法違反として訴訟を起こした。

 1月31日、オーストリアで、独裁者アドルフ・ヒトラーの生家を政府が強制的に購入する法律が先月成立したが、元家主がこの法律は憲法違反として訴訟を起こした。写真は2012年9月撮影(2017年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

オーストリア議会は先月、ブラウナウ・アム・インにあるこの生家がネオナチの聖地になることを防ぐ目的で、3階建ての建物を国が強制的に購入する法案を承認した。建物は1972年以降、内務省が借り上げていた。

憲法裁判所は31日、「家主からの申し立てを受けた。法律は憲法違反、と訴えている」と述べた。法律では建物の改修がどのように行われるか定めていないが、内務相は「解体の可能性も含め、全面的な建築の再構成を検討したい」としている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below