June 18, 2018 / 3:45 AM / 5 months ago

ホーキング博士の声を宇宙に発信、最後のお別れに

 6月15日、ブラックホールの研究で世界的に賞賛され3月に死去した「車いすの天才科学者」、英宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士の埋葬式がウェストミンスター寺院で行われ、同じ時刻に平和と希望のメッセージを語る博士の声が宇宙に向け発信された。代表撮影(2018年 ロイターBen Stansall)

[ロンドン 15日 ロイター] - ブラックホールの研究で世界的に賞賛され3月に死去した「車いすの天才科学者」、英宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士の埋葬式が15日、ウェストミンスター寺院で行われ、同じ時刻に平和と希望のメッセージを語る博士の声が宇宙に向け発信された。

博士は運動ニューロン疾患のため、ボイスシンセサイザーを使用していた。

博士の声は、ギリシャの電子音楽作曲家バンゲリスが構成し、スペインのセブレロスにある欧州宇宙機関(ESA)の基地から送信された。

娘のルーシーさんは声明を発表し、声は地球に最も近いブラックホール「1A 0620-00」に向けて発信されたと説明。「父の存在と、宇宙に行きたかった父の希望、父が行った宇宙探査を結びつける、美しく象徴的な表現となった」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below