July 14, 2016 / 3:37 AM / 4 years ago

仏大統領の生え際対策が話題、多彩な合成画像がネットにぎわす

[パリ 13日 ロイター] - フランスのオランド大統領(61)の髪型について、後退しつつある生え際を維持するため、24時間体制の専属ヘアメークを雇っていることが判明。これを受け、オランド大統領を奇抜な髪型に合成した画像がソーシャルメディアに相次いで投稿され、盛り上がっている。この専属美容師の月給は9985ユーロ(約115万円)という。

発端は週刊紙「カナール・アンシェネ」の報道。政府も後にこれを確認しており、政府の広報担当官は「この男性は24時間体制で大統領に付き添うため、自分のサロンを閉めた」と述べた。月給の金額も確認したが、エリゼ宮(大統領官邸)の運営費はオランド大統領が2012年にサルコジ前大統領から引き継いで以来、15─20%削減されていると強調した。

ツイッターには、ロックンローラー風やパンクヘアのオランド大統領の画像や動画が投稿されている。このほかにも、エリザベス英女王や、サッカーのサンジェルマンに在籍していたズラタン・イブラヒモビッチ選手、大統領の元パートナー、バレリー・トリルベレールさんなどの姿をした、多彩なオランド大統領がネットをにぎわしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below