June 9, 2014 / 4:27 AM / 6 years ago

旅客機を「自宅」に改造した米男性、機内では日本式の生活

6月7日、米オレゴン州ポートランド郊外の森にある旅客機が現在、「家」として第2の人生を送っている。写真はオーナーのブルース・キャンベルさん。5月撮影(2014年 ロイター/Steve Dipaola)

[ヒルズボロ(米オレゴン州) 7日 ロイター] - 米オレゴン州ポートランド郊外の森の奥深くに突如現れる旅客機。退役したこのボーイング727型機は現在、「家」として第2の人生を送っている。

727型機の持ち主は、元電気技師のブルース・キャンベルさん(64)。1999年に、退役したジェット機をスクラップにされるところから救い出し、再利用する構想を思いついたという。

キャンベルさんは、コックピットやトイレ、LED照明や座席など機内に元々あった機能を改修して利用している。現在、1年の半分を同機で過ごし、残りの半分は日本に滞在。機内では布団で寝て、来客には靴を脱いでもらうという日本式の生活を送っている。

そして今、キャンベルさんは同じことを一から始める準備ができている。ボーイング747型機の購入を希望し、日本に移ることを検討しているという。

同じように航空機を自宅に改造している人は、テキサス州やコスタリカ、オランダなどにもいるという。「たいていの人はある程度、オタク心があると思う。大切なのは楽しむこと」だと、キャンベルさんは語った。

*本文中の誤字を修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below