July 31, 2018 / 6:56 AM / 4 months ago

ホンダ、今期営業利益予想100億円上積み コスト削減効果などで

[東京 31日 ロイター] - ホンダ(7267.T)は31日、2019年3月期(今期)の連結営業利益を上方修正した。メキシコ水害や原材料高などの影響はあったものの、コスト削減や二輪販売好調などにより、従来予想の7000億円から100億円上振れる。純利益予想も引き上げたが、売上高予想と世界販売計画は下方修正した。

 7月31日、ホンダは、2019年3月期通期の連結営業利益予想を上方修正したと発表した。メキシコ水害の影響や原材料価格の高騰などがあったものの、二輪車の販売増加、コスト削減効果などにより、従来予想の7000億円から100億円上積みする。写真はジュネーブで3月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

今期営業利益は前期比14.8%減の7100億円となる見通し。トムソン・ロイターが算出したアナリスト21人の予測平均値は8087億円で、修正後の数値は市場予想を下回る。

今期の営業利益に対し、メキシコ水害の影響で約500億円、原材料高で約200億円押し下げる一方、コスト削減で約210億円、販売管理費の抑制で180億円、為替影響で約190億円押し上げる。二輪の販売増加などもプラスに寄与する。

今期の想定為替レートは1ドル=107円と期初の105円から円安方向に見直した。二輪の世界販売計画は2085万台と従来の2054万0500台から上方修正。純利益予想は同41.9%減の6150億円と従来の5700億円から上振れる。

<今期売上高と北米販売は下方修正>

今期売上高予想は同0.6%増の15兆4500億円と従来の15兆6000億円から下方修正した。世界四輪販売計画は528万5000台と従来の537万5000台から引き下げた。6月のメキシコ水害による影響から、北米販売を194万台と従来の201万5000台から減らしたことが大きい。

メキシコで起きた洪水により浸水した現地工場で生産している「フィット」と「HR―V」、同工場からエンジン部品の供給を受けて米国で組み立てている新型「インサイト」の生産停滞分を反映し、約7万5000台引き下げた。倉石誠司副社長は同日の会見で、浸水した同工場の復旧には約4カ月かかり、生産再開は「11月中旬」との見通しを示した。

同時に発表した18年4―6月期連結決算(国際会計基準)によると、営業利益は前年同期比11.2%増の2993億円だった。アナリスト6人の予測平均値は2500億円で、実績は市場予想を上回った。売上高は同8.4%増の4兆0241億円、純利益は同17.8%増の2443億円だった。

中国の四輪販売は同6.4%減。SUV(スポーツ多目的車)「CR─V」のリコールに伴う販売停止で受注が一時減少し、倉石副社長は「他のモデルで挽回しようと思ったが、結果的にマイナスになった」と説明。ただ、現在の受注は月2万台に回復しており、新機種の投入もあり、「販売計画に変更はない」とした。

<NAFTA影響が大きい、狭山工場は予定通り閉鎖>

倉石副社長は、貿易問題に関しては「北米自由貿易協定(NAFTA)の影響が一番大きい」とし、現時点で戦略変更は考えておらず、「今後の対応は状況を見ながら考えていきたい」と語った。  

一方、閉鎖の方針を発表していた狭山工場(埼玉県狭山市)については「部品工場として存続させる方針」と一部で報じられたが、倉石副社長は「完成車組み立てを移管後、部品も順次移管するという方針に変わりない」と報道内容を否定した。

*内容を追加しました。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below