February 7, 2020 / 7:33 AM / 20 days ago

ホンダ、今期業績予想を上方修正 新型肺炎拡大影響含まず

 2月7日、ホンダは、2020年3月期連結業績予想(国際会計基準)を上方修正した。写真は都内で2016年5月撮影(2020年 ロイター/ )

[東京 7日 ロイター] - ホンダ(7267.T)は7日、2020年3月期連結業績予想(国際会計基準)を上方修正した。営業利益は前年比0.5%増の7300億円となる見通し。従来は同5.0%減の6900億円だったが、販売管理費などの削減が想定以上だったため、減益から一転して増益を見込む。ただし、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響は織り込んでいない。

修正後の営業利益予想は、リフィニティブが集計したアナリスト19人の予測平均値7021億円を上回っている。

今期の売上高は従来の15兆0500億円から15兆1500億円に、純利益は5750億円から5950億円にそれぞれ上方修正した。

今期の前提為替レートは1ドル=108円(従来は107円)に見直した。

今期の世界四輪販売計画は498万台と従来予想から5000台上乗せした。欧州を5000台引き下げる一方、日本を1万台引き上げた。国内販売は前回想定に比べて「N―BOX」や「フリード」などが好調なため。

同時に発表した19年4―12月期連結決算(国際会計基準)によると、営業利益は6.5%減の6393億円だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below