for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホンダとソフトバンクが人工知能で共同研究、自動車に「感情」

 7月21日、ホンダ はソフトバンクと共同で、人工知能(AI)技術の自動車などへの活用に関して共同研究を始めると発表した。写真はバンコクで3月撮影(2016年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[東京 21日 ロイター] - ホンダ 7267.Tは21日、ソフトバンクと共同で、人工知能(AI)技術の自動車などへの活用に関して共同研究を始めると発表した。自動車が運転者の感情を推し量るとともに、自動車自らも感情をもって運転者と対話できるシステムを目指す。

ソフトバンクのAI技術「感情エンジン」を活用する。運転者との会話音声や各種センサー・カメラなどの情報を用いて、自動車が運転者と高度なコミュニケーションを図れるようにする。

本田技術研究所の松本宣之社長は都内で講演し「二輪、四輪、汎用、ロボティクス、ジェットまで含めて実装を目指す。(これらのモビリティが)生活を共にすることができる身近な存在になってくれると嬉しい」と抱負を語った。

志田義寧

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up