March 29, 2019 / 10:03 PM / 3 months ago

訂正:2018年の米死亡事故、タカタ製エアバッグが原因と特定=ホンダ

[ワシントン 29日 ロイター] - ホンダ(7267.T)は29日、タカタ製エアバッグインフレーターの欠陥問題に関連し、米国内で16例目となる死亡事例を確認したと明らかにした。

ホンダによれば、アリゾナ州で2018年6月に起きた「2002年型シビック」による死亡衝突事故について、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)と合同で調べたところ、欠陥エアバッグインフレーターが原因と特定したという。

欠陥と関連が疑われる米死亡事例は、ホンダ車が14例、フォード・モーター車(F.N)が2例となっている。

*3月29日付で配信した記事で、2段落目の「2002年に起きた」を「2018年6月に起きた2002年型シビック」に訂正します。これに伴い見出しも修正します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below