January 21, 2020 / 11:55 PM / a month ago

ホンダ、職業訓練強化するホワイトハウスの取り組みに参加

 1月21日、ホンダは21日、米国で学生や労働者が職業訓練を受ける機会を拡大するホワイトハウスの取り組みに参加する。2018年3月、ジュネーブで撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[ワシントン 21日 ロイター] - ホンダ(7267.T)は21日、米国で学生や労働者が職業訓練を受ける機会を拡大するホワイトハウスの取り組みに参加する。

同社は2025年までに5万人の労働者に拡大された職業訓練の機会を提供する計画をオハイオ州で発表する。

この取り組みにはアルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルやトヨタ自動車(7203.T)、アメリカン航空(AAL.O)、アップル(AAPL.O)、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)など400社余りが参加に合意している。

北米ホンダの幹部、リック・ショステク氏はインタビューで、同社は長い間、従業員に職業訓練を提供することに力を入れてきたが、それについて公共性を広げようとしていると説明した。

ホンダはこれまで、ホワイトハウスとの関係が常に良好というわけではなかった。同社が昨年夏にカリフォルニア州の自主排ガス規制に参加した際にはトランプ政権から非難された。

トランプ大統領が昨年3月に国家安全保障上の脅威となる自動車と同部品の一部に関税と課すと表明した際には、ホンダは他の日本メーカーとともに懸念を表明している。

ホンダは2020年の米大統領選で激戦が予想されるオハイオ州で約1万5000人を雇用している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below