for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港、2019年通年はマイナス成長の見通し=行政長官

 10月29日、香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官(写真)は、香港経済の2019年通年の成長率がマイナスになるとの見通しを示した。写真は香港で撮影(2019年 ロイター/Umit Bektas)

[香港 29日 ロイター] - 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は29日、香港経済の2019年通年の成長率がマイナスになるとの見通しを示した。約5カ月にわたる反政府デモが響いている。

2日前には陳茂波(ポール・チャン)財政官が、香港経済が第3・四半期にリセッション(景気後退)に陥ったと指摘し、19年の成長率がプラスになる可能性は低いとの見方も示していた。

行政長官は「われわれの現在の見方では、19年通年はマイナス成長になる公算が大きい。既に下方修正した0─1%のプラス成長目標を達成できないということだ」と述べた。足元の状況は「非常に暗い」と続けた。

31日発表の第3・四半期の域内総生産(GDP)速報値はリセッションの定義である2四半期連続のマイナス成長になると見込まれている。

行政長官は、現在の混乱が収束し次第、香港政府は追加の景気浮揚策を打ち出すと表明した。詳細には踏み込まなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up