for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港ハンセン指数さらに改革へ、算出会社が構成銘柄拡大など提案

 12月22日 香港株式市場のハンセン指数を算出しているハンセン・インデックスは、同指数の構成銘柄数を増やすなどの改革案を公表した。写真は5月22日、香港で撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 22日 ロイター] - 香港株式市場のハンセン指数を算出しているハンセン・インデックスは22日、同指数の構成銘柄数を増やすなどの改革案を公表した。

ハンセン指数は歴史的に金融株や、不動産事業に重点を置く複合企業が主な構成銘柄となっている。

しかし、香港市場を上場先に選ぶIT(情報技術)大手は多く、オンラインゲームの網易(ネットイーズ)や、中国でファストフードチェーンの「KFC」や「ピザハット」のフランチャイズ権を持つヤム・チャイナなど米市場に上場する企業の重複上場が増えている。

改革案には、構成銘柄数を現在の52から最大80に増やすことや、各銘柄のウエートの上限を10%から8%に低下させることなどが含まれている。

11月時点では、香港の生命保険大手AIAグループ、中国のインタネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)、英金融大手HSBCが30%弱のウエートを占めている。

ハンセン・インデックスは5月に株主構造や重複上場に関する規則を変更し、その後、中国の電子商取引大手アリババ・グループ、スマートフォンメーカーのシャオミ(小米集団)、バイオ医薬品の薬明生物技術をハンセン指数に組み入れた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up