February 26, 2020 / 4:58 AM / in a month

香港、新型肺炎やデモ受け景気対策150億米ドル 財政赤字過去最大に

[香港 26日 ロイター] - 香港の陳茂波(ポール・チャン)財政官は26日、1200億香港ドル(150億米ドル)規模の景気対策を盛り込んだ2020/21年度(21年3月まで)予算案を発表した。財政出動と歳入の減少で、同年度は財政赤字が過去最大に膨らむと予想した。

 2月26日、香港の陳茂波(ポール・チャン)財政官は、1200億香港ドル(150億米ドル)規模の景気対策を盛り込んだ2020/21年度予算案を発表した。写真は香港で24日撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

香港は新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大や民主派デモの影響で経済が圧迫されている。

景気対策には18歳以上の永住者を対象にした1万香港ドルの給付金や企業への税軽減策、その他の補助金が含まれる。

19/20年度の財政収支は378億香港ドル(48億5000万米ドル)の赤字と、15年ぶりの赤字を見込む。対域内総生産(GDP)比は1.3%程度。陳氏は、赤字が向こう5年続くと予想した。

民生派デモの市民生活への悪影響を和らげるために実施した総額300億香港ドル強の給付金や、過去数週間で発表された新型コロナウイルス対策としての保健当局や中小企業、低所得者世帯への300億香港ドルの支援策が財政を圧迫した。

陳氏は、デモは香港経済に打撃を与えただけでなく、市民の心理的負担になったと指摘。「事態の収拾がつく前に新型コロナウイルス感染拡大という予想外の状況が発生した。感染の予防と封じ込めが最優先課題だ」と強調した。

20/21年度の財政赤字は1391億香港ドルに膨らむと予想。GDP比率は4.8%で、名目ベースで過去最大を記録する見通し。ANZのアナリストによると、重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響でリセッション(景気後退)に陥った2003/04年度は財政赤字のGDP比が5.3%だった。

陳氏は、現金給付は例外的な措置で、長期的に財政の負担にはならないと述べた。

アナリストは、新型コロナウイルス流行が第1・四半期の香港GDP成長率を1─2%ポイント押し下げると予想する。2020年通年では、感染の拡大度合いによっては、19年の1.2%よりも大幅なマイナス成長になる可能性があるとみている。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below