for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

第3四半期の香港GDP、前年比3.4%減に改善 本土経済の回復で

10月30日、香港当局が発表した第3・四半期の域内総生産(GDP)速報値は、前年同期比で3.4%減少し、5四半期連続のマイナスとなった。ただし、9.0%減だった第2・四半期と比べるとマイナス幅が縮小した。写真は7月28日、香港のビクトリア・ハーバーで(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 30日 ロイター] - 香港当局が発表した第3・四半期の域内総生産(GDP)速報値は、前年同期比で3.4%減少し、5四半期連続のマイナスとなった。ただし、9.0%減だった第2・四半期と比べるとマイナス幅が縮小した。

内需が徐々に回復したほか、中国本土経済の持ち直しに伴い外需にも改善が見られた。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きつつあることや、金融市場の取引活発化なども経済の下支え要因となった。

新型コロナの影響で香港経済は年前半は低迷したが、コロナの感染拡大を抑制するための行動制限が段階的に緩和され、人々が職場や店舗に戻ったことから、経済活動は顕著に回復している。

香港当局の報道官は声明文で「先行きについては、(中国)本土経済のしっかりとした回復が続き、香港の輸出を向こう数カ月間、支援することだろう」と指摘した。

オックスフォード・エコノミクスの主任エコノミスト、トミー・ウー氏は調査リポートで「コロナ感染の深刻な波が再び訪れない限り、第4・四半期の経済は大幅な戻りが期待される」とし、GDP成長率は来年5%程度まで回復するとの見通しを示した。

第3・四半期の香港のGDPは、前期比(季節調整済み)では3%増加した。第2・四半期は0.1%減だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up