October 31, 2019 / 7:04 AM / 12 days ago

香港民間住宅価格指数、9月は前月比-1.8% 4カ月連続で低下

 10月31日、香港特別行政区政府が公表したデータによると、9月の民間住宅価格指数は前月比1.8%低下した。写真は将軍澳地区のアパート群。2018年9月15日撮影(2019年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 31日 ロイター] - 香港特別行政区政府が31日に公表したデータによると、9月の民間住宅価格指数は前月比1.8%低下した。民主化を求めるデモで混乱が続く中、前月よりも値下がりが加速し、4カ月連続の低下を記録した。

8月は1.4%低下に改定された。

不動産コンサルタント会社ナイト・フランクのエグゼクティブディレクター、トーマス・ラム氏は「下落率は予想と一致した。今後2─3カ月以内、指数は下方修正されるかもしれない」との見方を示した。

さらに、来年も5%の値下がりが見込まれるが、低金利環境が価格を下支えすると説明した。

香港経済は、米中貿易戦争や5カ月に及ぶ反政府抗議活動による混乱の打撃を受けている。ただ、不動産市場は、観光や小売り業界ほどの打撃は受けておらず、住宅価格は比較的底堅さを維持している。

住宅価格は年初から5.9%上昇している。

アナリストや不動産仲介業者は年内の住宅価格について、最大5%の上昇から最大5%の下落が見込まれると指摘している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below