for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港住宅価格、11月は3.3%下落 5年超ぶり低水準に

 12月28日、公式統計によると、香港の11月の民間住宅価格は3.3%下落し、2017年8月以来の低水準となった。写真は香港の集合住宅。昨年6月撮影(2022年 ロイター/Joyce Zhou)

[香港 28日 ロイター] - 28日公表の公式統計によると、香港の11月の民間住宅価格は3.3%下落し、2017年8月以来の低水準となった。年間では08年以来の下落となる見通しだ。

軟調な景気見通しや住宅ローンコストの上昇が価格を圧迫している。10月(改定値)は2.7%下落していた。

不動産仲介業者によると、今年の取引件数は10年ぶり低水準に落ち込む見通しだが、来年は中国本土との往来規制解除で小幅に回復する可能性がある。

不動産サービス会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは来年の住宅価格について、今年から0─5%下落する見通しで、想定される金利のピークを経て年後半に底入れするとの見方を示した。

JLLは、大衆市場については来年10%の下落が見込まれるとしている。開発業者は今年、売れ残りの増加で在庫が高水準となっており、値引きをする可能性があるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up