June 19, 2019 / 4:45 AM / a month ago

アングル:台湾は反中国の「希望の光」、香港からの移住者急増

[台北/香港 18日 ロイター] - 香港で暮らすユン・シウカンさん(67)にとって、元英領の当地から中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案が決定打となった。

6月18日、香港で暮らすユン・シウカンさんにとって、元英領の当地から中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案が決定打となった。写真は条例改正案に反対するデモの現場で台湾の旗を掲げるユンさん。17日撮影(2019年 ロイター/Jessie Pang)

ユンさんは荷物をまとめ、中国統治下にあるこの街を捨て、民主主義を誇りとする台湾で新たな生活を始めることにした。中国政府の支配が香港のあらゆる面に浸透し、市民の自由が失われつつあることに嫌気がさしたのだ。

「自由と民主主義がなければ、牢獄に入れられたようなもの、強制収容所で暮らすようなものだ。自由がないなら、死んだ方がましだ」。香港で16日に起きた大規模抗議デモの参加者に台湾の旗を振りながら、彼女は言った。

「台湾には自由がある。民主的な選挙が行われ、憲法が民主主義を守っているからだ」

1997年に英国から中国に返還された香港では、「一国二制度」の下で独立した司法制度を含めた一定の自由が認められている。中国本土の司法制度が共産党の支配下にあるのとは対照的だ。

中国が「一国二制度」を侵害しているとして、この数年で台湾に移住した数千人の香港住人の列に、ユンさんも加わることになる。中国は、いつか台湾にも同制度を導入することを目指している。

中国は、自治を守る台湾を自国の一部とみなしており、支配を回復するための武力行使を排除していない。

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は15日、条例改正案の審議棚上げを決めたが、それでも16日には主催者推計で約200万人が抗議デモに参加し、改正案の撤廃と林鄭長官の辞任を要求した。

香港の一部富豪実業家らも、改正案を懸念して個人資産を香港から外に移し始めた。

<民主主義の希望の光>

香港の抗議活動に対しては、警察がゴム弾や催涙ガスを用い、ここ数十年間で最も暴力的な衝突が起きた。2012年に中国共産党の実権を握った習近平・国家主席に対して、この国際金融ハブが突き付けた最大の難局となった。

自らへの「一国二制度」適用に圧倒的な抵抗を示している台湾は、香港支持を明確にしている。中国からの圧力がエスカレートする中でも台湾は断固とした姿勢を維持しており、中国側からの「再統合」の呼びかけに強く反発する人が多い。

今回の条例改正案は、香港と中国政府の関係を複雑にしてきた一連の問題の1つだ。中国本土からの移民流入と、本土からの投資が一因となった不動産の価格高騰に、香港の人々は不満をつのらせている。

民主的な改革を妨害し、選挙に介入、そして中国指導者に批判的な書物を専門に扱う香港の書店主が2015年以降で5人失踪した事件を画策するなど、中国の介入は行き過ぎだと批判する声は根強い。

チャンと名乗る30歳の男性は、香港市民の自由を侵害する中国政府の急激なペースに驚かされたと話す。

「自宅に強盗に入られたのに、勝てなかった自分が出ていかなければいけなくなったようなものだ」と、2016年に台湾に移住し、両親にも引退生活を台湾で送るよう手配するつもりだというチャンさんは言う。

公式統計によれば、台湾居住権を得た香港とマカオの住人の数は、2018年は1267人に達し、10年前から倍以上に増加した。マカオは元ポルトガル領で、現在では香港と同じように中国支配下の特別行政区だ。

こうした移住は、民主主義を訴えて香港を数カ月間マヒ状態に追い込んだ2014年の「雨傘運動」後に急増し、その勢いは衰えていない。2019年1─4月の台湾移住者は約400人で、前年同期比で40%増加した。

「来年、妻と一緒に台湾に引っ越す」。こう話すのは、20代後半の香港市民メルビン・チューさん。政治的自由の問題を懸念していると語る。「香港の状況は悪化している。次の世代のことが心配だ」

一部の若者は、香港を脱出したいあまり、36歳以下の台湾男性に義務付けられている兵役に参加して居住権を得ようとしている。台湾の居住権を得るには、通常150万香港ドル(約2000万円)程度の費用がかかる。

来年1月に総統選を控えた台湾の政治家は、先を争って香港への支持を表明した。総統選では、対中政策が大きな争点になる。

再選を目指す与党・民主進歩党(民進党)の蔡英文(ツァイ・インウェン)氏は、香港行政府に市民の意志を尊重するよう繰り返し促すと同時に、中国政府が「策略」で台湾を吸収しようとしていると警告した。

香港で16日、逃亡犯条例改正案に抗議するデモの現場で掲げられた台湾の旗(2019年 ロイター/James Pomfret)

野党・国民党の予備選に立候補している鴻海(ホンハイ)精密工業(2317.TW)の郭台銘(テリー・ゴウ)会長は、もし総統に当選したら、「民主主義と自由の新たな居場所」を求める香港からの移住者を「両手を広げて歓迎する」としている。

「香港にとって、民主主義の灯だ」。16日のデモに参加していた、香港立法会(議会)の議員事務所で働くチェン・チュンマンさん(32)は、台湾についてこう話した。「香港市民に、希望を与えてくれる」

(翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below