November 28, 2019 / 6:38 PM / 17 days ago

中国REITが香港上場へ、最大4億ドルを調達

 28日、中国広東省深セン市の5つの商業・オフィス用不動産を原資産とする不動産投資信託(REIT)「招商局商業房地産投資信託」が香港市場に新規上場することが分かった。写真は香港取引所で2018年10月撮影(2019年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 28日 ロイター] - 中国広東省深セン市の5つの商業・オフィス用不動産を原資産とする不動産投資信託(REIT)「招商局商業房地産投資信託」が香港市場に新規上場する。香港市場へのREIT上場は5年ぶりとなる。

調達資金は最大4億ドル。香港、マカオ、広東省などを含む「粤港澳大湾区(グレーターベイエリア)」での投資拡大を目指す。

ロイターが入手した資料によると、発行口数は7億5000万口で、発行価格は1口当たり3.42─4香港ドル。これによる調達金額は3億3000万─3億8000万ドルだが、5%のグリーンシューオプションが行使されれば調達額は最大4億ドルとなる。レンジ上限での発行価格およびグリーンシューオプション行使後の時価総額は約5億7500万ドル。

ブックビルディングは28日に開始し、発行価格は12月3日に決定される見込み。上場日は12月10日。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below