November 14, 2019 / 5:52 AM / a month ago

香港の銀行、住宅ローン金利引き上げを計画 不良債権増加を警戒

 11月14日、銀行などの関係者が明らかにしたところによると、香港政府が若年層の住宅購入を支援する措置を打ち出す一方で、銀行はリセッション(景気後退)による不良債権の増加をなんとしても回避しようと住宅ローンの申請基準の厳格化に動いている。写真はスタンダード・チャータード銀行とHSBCのロゴマーク。香港で2017年9月撮影(2019年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 14日 ロイター] - 香港政府が若年層の住宅購入を支援する措置を打ち出す一方で、銀行はリセッション(景気後退)による不良債権の増加をなんとしても回避しようと住宅ローンの申請基準の厳格化に動いている。銀行や住宅ローン・ブローカーの関係者が明らかにした。

香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、反政府デモが続く中で政府への信頼を取り戻そうと、10月16日の施政方針演説に、初めて住宅を購入する人を対象に、価格が800万香港ドル(100万米ドル)の場合、最大で90%を住宅ローンでカバーできるようにする措置を盛り込んだ。

しかし、香港全土に広がるデモが香港経済に深刻な打撃を与えるなか、景気がさらに後退して失業や破産が増え、住宅ローンを返済できない人が増える事態を銀行は懸念している。

香港では歴史的に住宅ローンの不履行はまれで、不履行率は0.02%と極めて低い。

英金融大手HSBC(HSBA.L)は最近になって、住宅ローンの借り手に対し、月収の65%を超える返済を認めないことや、フルタイムの仕事に就いていること、その他の不動産を保有しないことなどのガイドラインを導入した。2人の業界関係者が明らかにした。

HSBC、スタンダード・チャータード銀行(STAN.L)や中国銀行(香港)(2388.HK)などは、今後数カ月の間に住宅ローン金利の引き上げや現金割引率の引き下げも計画している。割引を段階的に廃止する方針の銀行もあるという。

香港に拠点を置く欧州系の銀行の関係者は「この環境下で銀行の利益と資産の質を守るためには、あらゆる手段を活用しなくてはならない。今後数カ月のうちに追加の措置を打ち出すことになるだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below