for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港国際空港が再開、キャセイは200便以上欠航

 8月13日、デモによる混乱を理由に12日に全便を欠航していた香港国際空港(写真)が、業務を再開した。同日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[香港 13日 ロイター] - デモによる混乱を理由に12日に全便を欠航していた香港国際空港が13日、業務を再開した。ただ空港運営会社は、運航への影響は続くとの見方を示した。

空港の公式アプリに掲載された通知では「本日、便の組み直しを行う。運航への影響が予想される」としている。

ウェブサイトによると、業務再開にもかかわらずキャセイパシフィック航空0293.HKは200便以上の欠航を決定した。

空港は12日、容疑者の中国移送を可能にする逃亡犯条例改正に反対する市民の座り込みによる混乱で、すべての発着便が欠航となった。

座り込み参加者のほとんどは深夜過ぎに空港を後にしたが、約50人が13日朝の時点でも残っていた。

キャセイは一部の連絡便のみを運航する予定。空港の運航予定案内には、エミレーツ航空[EMIRA.UL]とヴァージン・アトランティック航空VAH.AXなどの出発便が掲示されている。

香港マカオ事務弁公室の報道官は北京で「香港は重大な岐路にある。抗議活動参加者らはここ数日、警察への攻撃に極めて危険な手段を頻繁に用いている。テロリズムの芽が出つつあり重大な犯罪行為だ」と指摘した。

香港の一部の法律専門家の間では、当局がテロリズムの表現を用いたことで、広範な反テロ法適用や権力行使につながる可能性が指摘されている。

※内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up