for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港の混乱、中国本土でなく香港が解決すべき=英外相

[ロンドン 11日 ロイター] - 英政府は香港に関する報告書(2019年7月1日─12月31日)で、香港の混乱に対する解決策は中国ではなく香港が自ら講じるべきとの認識を示した。また、中国政府が国家安全法を見直す時間はまだあると主張した。

報告書でラーブ外相は「混乱に対する解決策は香港が見つけるべきで、中国本土から押し付けることはできない」と指摘し、徹底的で独立した調査を経た上での対話と和解の重要性を強調した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up