for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港キャセイ系航空会社が労組幹部を解雇、上部団体が抗議

 8月23日、香港の労働組合、香港工会連合会(HKFTU)は、キャセイ・パシフィック航空に対し、「白色テロ」と呼ばれる社員への政治的弾圧を止めるよう要請した。写真は香港で14日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[香港 23日 ロイター] - 香港の労働組合、香港工会連合会(HKFTU)は23日、キャセイ・パシフィック航空0293.HKに対し、「白色テロ」と呼ばれる社員への政治的弾圧を止めるよう要請した。キャセイ航空傘下のキャセイ・ドラゴンが客室乗務員組合の委員長であるRebecca Sy氏を解雇したことを受けたもの。

キャセイ航空は、中国当局の要請に応じ、政府抗議デモに参加したり指示した操縦士2人を解雇。前週、ルパート・ホッグ最高経営責任者(CEO)の辞任を発表した。

Rebecca Sy氏は23日会見し、同氏のフェイスブックの同氏のアカウントを管理職が確認した後、解雇されたと述べた。解雇理由の説明はなかったという。

「逃亡犯条例」改正案をきっかけとした政府抗議デモが長期化するなか、キャセイ航空の操縦士や客室乗務員からは、中国当局による政治的弾圧、解雇といった「白色テロ」が起きているとの声がでている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up