September 2, 2019 / 7:35 AM / 18 days ago

香港の学生が授業ボイコット、ゼネストは実施されず

 9月2日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をきっかけとした抗議活動が続く香港で、学生数百人が授業をボイコットし、市内有数の規模を誇る香港中文大学前で抗議集会に参加している。写真は同日香港の地下鉄内で撮影(2019年 ロイター/ANUSHREE FADNAVIS)

[香港 2日 ロイター] - 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をきっかけとした抗議活動が続く香港で2日、学生数百人が授業をボイコットし、市内有数の規模を誇る香港中文大学前で抗議集会に参加している。

前日はデモ参加者が香港国際空港周辺の道路や公共交通機関を封鎖。地下鉄の駅ではデモ隊が金属棒で監視カメラや照明を破壊した。

2日は機動隊が地下鉄を警備。デモ参加者はゼネストを呼び掛けていたが、多くの人が職場に復帰したとみられ、店舗は営業しており、列車も運行、通勤客の姿が見られる。

集会に参加した19歳の学生は「夏休みが終わっても日常生活には戻らないということを伝えたくて参加した。香港のために戦い続ける必要がある」と述べた。

ソーシャルメディアに投稿された画像によると、複数の中学校の前では10代の生徒が列をつくり、横断幕を掲げた。台風警報が出ているため、多くの小学校は休校。2日は夏休み明け後最初の登校日だった。

香港の張建宗政務長官は記者団に対し、学校は抗議活動の場ではないとコメントした。

空港当局によると、1日は25便が欠航となったが、運航はおおむね通常の状態に戻りつつある。

ただデモ参加者と当局の対立は収まる気配が見えず、香港政府に強大な権限を与える「緊急状況規則条例」が発動されるのではないかとの観測が浮上している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below