August 15, 2019 / 4:58 PM / 3 days ago

香港情勢悪化なら「中国は傍観せず」、駐英大使が警告

中国の劉暁明駐英大使は15日、「逃亡犯条例」改正案を巡る香港の抗議活動について、さらに悪化した場合、中国は鎮静化に向け権力を行使すると述べた(2019年 ロイター/SIMON DAWSON)

[ロンドン 15日 ロイター] - 中国の劉暁明駐英大使は15日、「逃亡犯条例」改正案を巡る香港の抗議活動について、一部参加者がテロの兆候を示しており、さらに悪化した場合、中国は鎮静化に向け権力を行使すると述べた。

劉大使は記者団に「香港情勢がさらに悪化すれば、中央政府は座して傍観していない」と述べ、「混乱を迅速に鎮静化するために、われわれには(香港)基本法の制限内で十分な解決策と権力がある」と強調。最近の情勢については「深刻で暴力的な犯罪と言え、すでにテロの兆候も示している」との見方を示した。

また、「外国勢力は香港問題への干渉をやめる必要がある」とし、「外国勢力による干渉や扇動がなければ、状況はそれほど悪化しなかったはずだ」とも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below