January 13, 2020 / 4:43 AM / 11 days ago

香港、金融中心地としての強さはデモで損なわれず=林鄭行政長官

 1月13日、民主派デモが続く香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、世界の金融の中心地としての香港の強さは数カ月にわたるデモによって損なわれていないと強調した。香港で7日撮影(2020年 ロイター/Navesh Chitrakar)

[香港 13日 ロイター] - 民主派デモが続く香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は13日、世界の金融の中心地としての香港の強さは数カ月にわたるデモによって損なわれていないと強調した。

林鄭長官は金融フォーラムの開幕に当たり、アジア金融危機以降に学んだ教訓のおかげで香港の金融システムは引き続き安定していると主張。アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)の上場が他の中国本土企業の上場に良い影響を及ぼすとの見方を示した。

そのうえで、香港の「強さと耐性はその金融システムと同様に、著しい社会不安や課題を経験したにもかかわらず損なわれていない」と強調した。

林鄭長官はさらに、香港市民が溝を埋め、再び結束した社会と経済「繁栄」という目標を実現できると確信しているとも述べた。

陳茂波(ポール・チャン)財政官は同じイベントで、香港が「前例のない」混乱に見舞われる中でも香港の銀行システムは円滑に運営されており、流動性は潤沢との認識を示した。

その上で、プライベートエクイティ(PE)誘致に向けたより「競争力のある」税制措置や、経済を支援するための一段の政策を検討していると強調したが、詳細には踏み込まなかった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below