for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

混乱続く香港、機動隊が大学で再び催涙ガス 道路封鎖解消されず

[香港 12日 ロイター] - 香港では12日、機動隊が大学構内で催涙ガスを噴射するなど、警官がデモ隊に実弾を発砲した前日からの混乱が続いている。12日には行政会議が行われる予定で、その開催場所となる政府庁舎の周囲には放水車が配備された。

警察の発表によると、前日は逮捕者が260人を超す混乱となり、 一夜明けた12日も一部地下鉄の運休や道路の封鎖も解消されていない。機動隊が香港全土の地下鉄駅の警備に動員される中、朝の通勤時間帯には駅で電車を待つ人の長い列ができた。

前日にデモに参加していた21歳の男性が警官に撃たれて重傷を負った現場に近い香港島東部の西湾河(サイワンホー)駅も閉鎖されている。大学をはじめ、学校は休校となった。前日には、一部の大学で警察が催涙ガスを噴射し、学生が火炎瓶を投げ付けるなどの衝突が起きていた。

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は11日の声明で「暴力行為は民主主義の要求をはるかに超えており、デモ参加者は今や人民の敵だ」と非難した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up