for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港国家安全法巡る市民の懸念は理解=行政長官

[香港 2日 ロイター] - 香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は2日、中国政府が香港国家安全法の制定を目指していることについて、香港市民の懸念は理解できると述べた。

トランプ米大統領は中国政府の方針を非難し、香港に対する優遇措置を見直す考えを明らかにしている。

林鄭氏は国家安全法を巡る批判の多くは根拠がなく、香港と米国の関係は相互の敬意が必要と訴えた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up