June 12, 2020 / 9:03 AM / a month ago

香港年金基金、昨年第4四半期に1.85億ドル減少 海外移住者が解約

6月12日、香港の「強制退職年金基金(MPF)」の運用資金が、海外移住者の解約により2019年第4・四半期に14億4000万香港ドル(1億8520万ドル)減少した。写真は中国と香港の旗。北京で3日撮影(2020年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[香港 12日 ロイター] - 香港の「強制退職年金基金(MPF)」の運用資金が、海外移住者の解約により2019年第4・四半期に14億4000万香港ドル(1億8520万ドル)減少した。

犯罪容疑者の本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に対する抗議デモが激化していた時期で、基金からの流出額は前年同期を46.1%上回り、「雨傘運動」と呼ばれる民主化を求めるデモがあった2014年以来、最大となった。

解約口座数や、移住の理由は不明。

2019年の解約・払い戻し額は48億4500万香港ドルで18年の47億9200万香港ドルから1.1%増加した。

中国政府が国家安全法を香港に導入することを決定したことをうけ、香港への統制が強まるとの不安が高まり、多くの香港市民が、いざという時の準備に奔走、英国海外市民旅券(BNO)の更新申請が急増している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below