October 3, 2019 / 2:14 AM / 12 days ago

香港警察、行政長官に夜間外出禁止令の発令要請

 10月3日、抗議活動が続く香港では警察が2日、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官に対して夜間外出禁止令を発令するよう求めた。写真は2日に香港で撮影(2019年 ロイター/SUSANA VERA)

[香港 3日 ロイター] - 抗議活動が続く香港では警察が2日、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官に対して夜間外出禁止令を発令するよう求めた。抗議活動が激化する中、トップレベルの支援が必要だと訴えた。

中国建国70周年に当たる1日に行われたデモでは、警官が発砲した実弾により18歳の男子生徒が負傷。2日にはこれに抗議して数千人がデモ行進した。

警官の実弾発砲に怒るデモ隊は3日未明まで警察と激しく衝突した。

警察官で構成する香港警察隊員佐級協会は2日に発表した声明で「法律の下、われわれは権限が限定された執行機関に過ぎない。こうした相次ぐ大規模な暴動に直面するなか、トップレベルの適切な措置と支援なしで単独で任務を果たせない」と訴えた。

デモ隊は2日夜、市内各地で火炎瓶を投げつけ、放火するなど激しい抗議活動を展開。商店や地下鉄駅の設備を破壊する行為も見られた。警察は催涙ガスを使用して排除に乗り出した。

警察の強硬姿勢に対する市民の怒りは一段と強くなっている。デモ参加者の1人は、男子生徒が至近距離で撃たれたことを厳しく非難し、「抗議活動は続く。われわれはあきらめない」と語った。

香港警察は3日、デモ隊の行為は「公共の秩序を著しく乱し、警官や市民の安全を脅かす」と表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below