November 8, 2019 / 4:13 AM / 9 days ago

香港デモで初の死者、強制排除で学生転落 大学は独立調査要求

 11月8日、香港で今月4日に行われた抗議活動に参加し、警察の強制排除の最中に建物から転落したとみられる男子大学生が8日朝、死亡した。写真は抗議活動に参加する卒業した学生。香港で7日撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[8日 ロイター] - 香港で今月4日に行われた抗議活動に参加し、警察の強制排除の最中に建物から転落したとみられる男子大学生が8日朝、死亡した。6月から続いている一連の抗議活動で、強制排除中に死者が出たのは初めてで、警察に対する市民の反発が強まり、香港情勢は今後さらに緊迫するとみられている。

病院当局によると、死亡したのは香港科技大学のコンピューターサイエンス学部に在籍する男子学生の周梓楽さん(22)で、けがが原因で8日早朝に死亡した。

周さんが負傷した際の詳しい状況は明らかになっていないが、警察によると、新界地区の駐車場内で、警官らが強制排除を行っていた最中に建物の高層階から低層階に転落したとみられる。

抗議活動の参加者の多くが、周さんが搬送された病院に集まって祈りを捧げたり、病院の壁などにメッセージを残したほか、香港各地の大学で抗議集会が開かれた。ショッピング街の銅鑼湾(コーズウェイベイ)では大勢の人々が警察の暴行に抗議し、「黒警」と叫びながら道路を封鎖した。

香港科技大は、周さんを病院に搬送する際、警察車両に救急車の進入が阻まれた結果、救急隊員らは徒歩での現場到着を余儀なくされ、搬送が20分遅れたと指摘。その上で周さんの死亡原因を特定する独立調査を要求した。

香港政府は遺憾の意を表明した。

警察当局の報道官は目に涙を浮かべ、早急に真相究明に当たると約束し、市民に冷静な行動と自制を求めた。警察側は救急車の進入は妨害していないとしている。

犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案が発端となった反政府デモは、民主化を要求する大規模な活動に発展し、同案が正式に撤回された後も続いている。

*英文の修正より、強制排除中に初の死者が出たことを明確にしました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below