for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港政府、民主派議員4人の資格剥奪 中国の決定受け

[香港 11日 ロイター] - 香港政府は11日、立法会(議会)の野党議員4人の資格剥奪を決めた。中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会が、訴訟を経ずに立法会議員の資格剥奪を可能にする決議を採択したのを受けた。

香港の民主派議員にとって一段の打撃となる。民主派議員19人は9日、1人でも資格剥奪が決まれば集団辞職すると警告していた。

立法会は親中派が多数派を占めているが、野党議員が辞職すれば政府の方針を追認するだけの場と化すとみられる。

野党議員らは中国政府による香港への締め付けに抵抗してきた。

香港政府は声明で、楊岳橋、郭栄鏗、郭家麒、梁継昌の4氏は国家安全保障を脅かしたため、議員資格を剥奪したと表明した。これ以上の説明はない。

4氏は9月に予定されていた立法会選挙で出馬資格を奪われた12人に含まれている。香港政府は新型コロナウイルスを理由に選挙を1年間延期した。

新華社の報道によると、全人代常務委で採択された決議は国家安全保障を脅かしたり、香港の独立や外国の干渉を求める議員の即時の資格剥奪を認める内容となっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up