April 2, 2018 / 4:46 AM / 7 months ago

ドイツで卵投げ大会、飛距離競う 割れたら失格

 4月1日、ドイツ西部の町ホルハウゼンで、毎年恒例の卵投げ大会が開催された。イースターの休日で家や庭に隠された卵型のチョコレート探しを楽しむ多くの人を横目に、雪のちらつく悪天候も負けず、卵を投げる力と技を競い合った。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

[1日 ロイター] - ドイツ西部の町ホルハウゼンで、毎年恒例の卵投げ大会が開催された。イースターの休日で家や庭に隠された卵型のチョコレート探しを楽しむ多くの人を横目に、雪のちらつく悪天候も負けず、卵を投げる力と技を競い合った。

この伝統競技は80年以上の歴史があり、単なるお遊びではなく厳しい規定がある。登録を済ませた出場者らはペイントされた固ゆで卵を1個ずつ持ち、牧草地でどれだけ遠くまで割らずに投げられるかを競う。1人1投のみで、衝撃で割れた場合は失格となる。

現地観光協会のロルフ・シュミット=マルコスキ氏は「卵を割ってはいけないというのが特徴だ」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below