June 25, 2020 / 12:09 AM / 17 days ago

オリンパス株が買い気配、映像事業売却による「選択と集中」を好感

 6月25日、午前の東京株式市場でオリンパスが買い気配。写真は2016年10月、ポルトガルのリスボンで開かれた映像・音響技術の展示会で撮影(2020年 ロイター/Rafael Marchante)

[東京 25日 ロイター] - 25日午前の東京株式市場でオリンパス(7733.T)が買い気配。24日、デジタルカメラやICレコーダーを扱う映像事業を、日本産業パートナーズ(JIP)が管理・運営するファンドに売却すると発表。事業の選択と集中を進めることが好感されている。

映像事業は2020年3月期まで3期連続で営業赤字となっており、今後は、内視鏡を中心とした医療事業に資源を集中していく。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below