for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タカラバイオ株が年初来高値更新、PCR検査の新手法開発を材料視

 タカラバイオは大幅に続伸し年初来高値を更新。新型コロナウイルスの有無を調べるPCR検査で、2時間弱で最大5000件を検査する方法を開発したとの報道が材料視されている。写真は東京江戸川区で行われたドライブスルー方式のPCR検査のシミュレーション。4月22日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 10日 ロイター] - タカラバイオ4974.Tは大幅に続伸し年初来高値を更新。午前9時32分現在、東証1部で値上がり率2位となっている。新型コロナウイルスの有無を調べるPCR検査で、2時間弱で最大5000件を検査する方法を開発したとの報道が材料視されている。日本経済新聞によると、主流のスイス製薬大手ロシュの手法に比べて処理能力は14倍以上向上するという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up