May 29, 2020 / 12:35 AM / 2 months ago

日産株が急反落、赤字決算発表受け売り優勢に

29日午前の東京株式市場で、日産自動車が急反落した。写真は2月13日、神奈川県横浜市で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 29日 ロイター] -

29日午前の東京株式市場で、日産自動車(7201.T)が急反落。前日は3社連合の新事業モデルが注目されて大幅に買い進まれたが、28日発表した2020年3月期(前期)連結決算は、純損益が6712億円の赤字(前年は3191億円の黒字)となったほか、2021年3月期見通しも未定としたことを受け、売り優勢の展開となった。

最終赤字はリーマン・ショックのあった2009年3月期以来11年ぶりで、カルロス・ゴーン前会長が仏ルノー(RENA.PA)から送り込まれて国内工場閉鎖など大規模な改革を断行した2000年3月期の6843億円に匹敵する赤字額となった。

世界的な販売不振に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響や構造改革費用などが重なり、業績が一段と悪化した。21年3月期の業績予想はコロナの影響が読めず「未定」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below