December 21, 2018 / 1:20 AM / 6 months ago

米政府機関の閉鎖リスク浮上、「国境の壁費用」巡る予算攻防で

[ワシントン 20日 ロイター] - 米下院は20日、トランプ大統領が要求するメキシコとの国境の壁建設費用50億ドルを含むつなぎ予算法案を可決した。しかし上院で承認されるめどは立っておらず、22日から政府機関が一部閉鎖されるリスクが一段と高まった。

 12月20日、米下院は、トランプ大統領が要求するメキシコとの国境の壁建設費用50億ドルを含むつなぎ予算法案を可決した。米議会議事堂。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

法案は2月8日までの資金を手当てするもので賛成217、反対185だった。

上院は同法案について21日午後に審議する。早急に成立させるに民主党の協力が必要になるが、同党の支持が十分に得られる可能性は低い。議員の多くはクリスマス休暇で地元に帰っている。

現行のつなぎ予算は21日に失効するため、議会での対立が続いた場合、21日深夜には一部の政府機関が閉鎖される事態となる。

上院は19日夜に別のつなぎ予算法案を可決したが、トランプ大統領は壁建設費用が含まれていないとして、上院が可決した法案に署名しない方針を表明。これを受けて下院共和党は今回の法案可決にこぎ着けた。

トランプ氏は不法移民や麻薬の流入を防ぐためには国境の壁の建設が必要だとして、50億ドルの壁建設費用を要求している。しかし、民主党はこれに反対。効果のない対策であり、無駄な支出になるとの立場だ。

民主党のシューマー上院院内総務は採決の前に記者団に対し、「下院の法案が上院を通過しないのは周知のことだ」と指摘した。

トランプ氏はワシントンを離れて2週間の休暇を取る予定だったが、ホワイトハウスによると、政府機関が閉鎖された場合、計画を取りやめるという。

トランプ大統領はホワイトハウスでのイベントで「わたしは立場を非常に明確にしている」と述べ、どのような形の予算案であっても国境警備が含まれなければならないと強調した。

上院が独自のつなぎ予算を可決した背景には、壁建設の問題を1月に開会する議会に委ねる狙いがあった。だが新議会では民主党が下院で過半数を握るため壁建設の資金手当ては不可能との見方から、保守強硬派の議員らは、政府が閉鎖されることになっても直ちに予算を確保するようトランプ氏に訴えていた。

*見出しを修正しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below