October 31, 2014 / 12:11 AM / 4 years ago

9月の実質消費支出は前年比5.6%減、消費増税の反動残る

 10月31日、総務省が発表した9月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の実質消費支出は前年比5.6%減となった。写真は都内の書店。9月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 31日 ロイター] - 総務省が31日発表した9月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は1世帯当たり27万5226円となり、実質前年比で5.6%減となった。減少は6カ月連続。

総務省では消費税率引き上げに伴う反動減の影響が一部で残っているほか、曜日の関係などを減少理由にあげている。

実質消費支出は、事前の市場予想で前年比4.3%減(予測中央値)が見込まれていたが、結果はこれを下回った。

内訳をみると、設備修繕・維持など「住居」が実質前年比で11.5%減、家庭用耐久財や寝具など「家具・家事用品」が同11.9%減となっており、消費増税による反動減の影響が残っているとみられる。自動車等関係費など「交通・通信」は同6.3%増となり、3カ月ぶりに増加した。

また、外食など「食料」は同2.9%減となったが、総務省では、日曜日や3連休が昨年に比べて少なかったという曜日の関係が影響したとしている。

一方、季節調整済み前月比は1.5%増と3カ月ぶりに増加。反動減の影響は徐々に和らぐ方向にあり、総務省では基調判断を「このところ持ち直している」に据え置いた。

9月の勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり42万1809円で、実質前年比6.0%減と12カ月連続で減少。名目も同2.3%減となった。このうち、世帯主の収入は35万1830円で、実質で同5.2%減、名目で同1.5%減だった。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below