September 24, 2019 / 3:03 AM / a month ago

「よくもそんなことが」気候行動サミット、トゥンベリさんが遅い対応に怒り

[国連 23日 ロイター] - 米ニューヨークの国連本部で23日開かれた「気候行動サミット」の冒頭、スウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(16)は若者を代表し、世界の指導者らが地球温暖化対策に本腰を入れないことに怒りの声を上げた。

「私は本当ならここにいるべきではない。大西洋の向こうに戻って学校に行くべきだが、あなた方は私たち若者に期待してやって来る。よくもそんなことが」「あなた方は空っぽの言葉を発して私の夢を、私の子供時代を奪った」。トゥンベリさんは声を震わせて訴えた。

トゥンベリさんは1年前、スウェーデンの議会前で毎週、温暖化問題に関して抗議する活動を始めた。これに触発され、20日には世界各地で計数百万人の若者が、気候行動サミットに出席する各国政府に緊急行動を求める街頭デモを実施した。

フランスのマクロン大統領はサミットで、若者らの発言に「非常に心を打たれた」とし、「政治決定を下す者の中で、世代間の公平を求めるこの声に耳を貸さずに居続けられる者はいないだろう」と述べた。

グテレス国連事務総長は事前に各国政府に対し、中身のない演説だけでなく具体的な行動計画を携えてサミットに出席するようくぎを刺していた。

グテレス氏は「自然は怒っている」と指摘。「最も大きな代償をもたらすのは、死にゆく化石燃料業界を助成し、次々と石炭火力発電所を建て、明白な事実、つまり世界が気候の深い穴に落ちたこと、そこから抜け出すにはまず(化石燃料を)掘るのを止めなければならないという事実を否定することだ」と訴えた。

ただ、サミットで各国政府から新たな計画はほとんど提案されず、代わりに企業や年金基金、保険会社、銀行から温暖化対策を約束する言葉が相次いだ。

Slideshow (2 Images)

フランスの食品会社ダノン(DANO.PA)のエマヌエル・ファベール最高経営責任者(CEO)は「われわれは生命のサイクルを壊してしまった」と述べ、大手食品会社19社による持続可能な農業への移行計画を発表した。

気候変動の議論に懐疑的なトランプ米大統領は、ペンス副大統領やポンペオ国務長官らと短時間だけ会場に姿を現したが、演説は行わなかった。

ドイツのメルケル首相は、発展途上国の気候変動対策を支援する国連基金へのドイツの拠出額を20億ユーロから40億ユーロに増やすと発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below